FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dear


 もちろんアンケートをとったわけではないが、西川美和監督の最新作『ディア・ドクター』は賛否が分かれる映画だろう。映画そのもののデキではない。小さな村の診療所に勤める医者・伊野(笑福亭鶴瓶)の抱えた嘘についてである。「その嘘は、罪ですか」という疑問提示型のキャッチコピーに観客は鑑賞後も思考することを促される。確かに嘘をつくことは罪かもしれない、しかしながら物事は必ずしも善と悪、白と黒の二面性だけで語れるものではなく、灰色のなかでゆれていることもしばしばある。

 舞台となるのは、もとは無医村だった、人口1500人ほどしかない神和田村。そこに引き抜かれてやってきた伊野はそれはもう”神様仏様”のような扱いをなされ、高齢者が人口の過半数を占める村にとって、伊野の診療所はまさに村の中心地、村民たちの心の支えであった。物語はその”神様仏様”の伊野が失踪したシーンから始まり、なぜ失踪するに至ったか、それまでの経緯を詳らかに描写しながら、失踪事件後の村民と伊野の部下たちの反応が互い違いに挿入されて進行する。脚本がよく練られているなという印象。

 伊野は2つの嘘を抱える。1つは「娘の世話にはなりたくない」という患者の希望を叶えるための嘘。そしてもう1つは、あるいは人の信頼を裏切る嘘。鋭い人なら冒頭で気がつくに違いないが、ただそういったミステリー的要素はあくまでオマケ、付随的なものだから、ネタがバレること自体はそう大したことではないかもしれない。まぁそれでも予告編やオフィシャルサイトのあのフレーズはちょっと語りすぎなのではと思うけれども。

 研修生として村までやってきたボンボンの相馬(瑛太)は次第に伊野に感化されていき、機械的に患者が処理されていくだけの大学病院とは大きく異なり、医者と患者の距離が近く、人から必要されているという実感が得られるこの田舎の村で働きたいと伊野に訴えるシーンにおいて、伊野は自分の心中を初めて吐露する。「おれは違う、この村好きでいてんのと違うんや」「おれは偽善者や」、だからそんなに自分を持ち上げんでくれ、と。

 西川美和監督は『ゆれる』の高評価には大きな戸惑いがあったらしい。自分には大した技量もない、すぐれた監督でもないのにそんなに持ち上げるなんて、みんなイミテーションの私に騙されてるのではないか――と。そうした自身のリアルタイムな感情に沿って撮られたのがこの『ディア・ドクター』という。つまり伊野には西川監督の自己が多かれ少なかれ投影されており、負の感情が着想の発端、ものづくりの推進力となっている点はいかにも作家的だなぁと感じるが、フィクションとフィクションの構築、嘘を重ねる作業によってある事象の(ここでは監督自身の)真の表情を観客に覗かせるあたり、映画を通しての”自己表現”は成功している。『ゆれる』にしろこの『ディア・ドクター』にしろ、西川監督の映画が凡百のエンタテインメント映画と一線を画している点は、こういった作家性によるところが大きいのではないか。取ってつけたようなラストシーンが残念だけれど、”こんな自分でも受け入れてください”という、なお謙虚な姿勢を見て取れることもできる。

 伊野に万歳する村民は、ひょっとしたら私たち観客自身を示しているのかもしれない。


スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。