上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『コクリコ坂から』談義



A「ジブリはここ10年間は2年に1本のペースで作品を発表してきましたが、今回は間隔を置かず制作しました。『借りぐらしのアリエッティ』以来1年ぶりとなる新作が『コクリコ坂から』です。」

B「監督は『ゲド戦記』でジブリの看板に泥を塗った宮崎ゴローだね。七光りの木偶に再びタクトを握らせるとは、ジブリも懐が深い。」

A「のっけからなかなか手厳しいことを言いますね。まぁ『コクリコ坂』は『アリエッティ』同様若手育成のための企画と聞きますし、これから先のジブリを担う人材を育てるためにも、一度の失敗では見捨てられないでしょう。もっとも、『紅の豚』あるいは『カリオストロの城』を失敗作のように語る宮崎駿氏と、本当の失敗作を生産してしまったゴロー氏とでは、すでに器が違いすぎますが。」

B「きみもなかなか手厳しいね。」

A「『コクリコ坂から』、ご覧になられてどうでした?」

B「うん、悪くなかった。『耳をすませば』『海がきこえる』の系譜に連なる青春譚だね。さっきはつい木偶とか言っちゃったけど、ゴロー監督、数ある制約の中で頑張ったと思うよ。」

A「へぇ。ゴロー氏、汚名返上ですか。」

B「うん、ゴローから吾朗に昇格だよ。まぁ脚本に宮崎駿が関わっているからね。その意味では吾朗監督の真価が問われるのは宮崎駿が完全に手を引いてからになるだろうね。」

A「『コクリコ坂から』は東京オリンピックの前年である1963年の横浜が舞台です。これは私の悪い癖なんですが、舞台設定がこうも旧いと、懐古趣味的な面が強調されて興を削がないか心配になるのですが。世代がずいぶん違いますし。」

B「特段そういうことは感じなかったな。確かにガリ版とか学生運動とかかまどで炊くご飯とか、いまの団塊世代が懐かしく感じそうなネタはあるけれど、むしろ目新しいものを楽しむぐらいの余裕はあったよ。でも子どもたちが見て喜ぶような映画ではないね。」

A「ポニョやハウルのようなマスコット的なキャラクターはいませんしね。」

B「今回のような地に足のついた作劇だとそういったものは当然ノイズになるから、ユニークなキャラクターはいらない。」

A「ジブリ作品といえば家族で楽しめる映画が多いですが、少なくとも今回はファミリー向けではないようで。」

B「設定にピンときた団塊世代か、『耳すま』のような話に期待した層じゃないと、肩透かしを食らってしまうかもね。」

A「冒頭で『耳すま』の系譜に連なるとおっしゃいましたが、キュンキュンしますか?」

B「別にキュンキュンはしなかった。これでキュンキュンできる人がいたら、その人、恋愛に対しての沸点がよほど低いと見るね。」

A「あなたは常にゼロか100ですけどね。」

B「そういうことを言うもんじゃないよ、君ィ。」

A「テーマが”人を恋うる気持ち”とあったので、キュンキュン間違いないと勝手に想像していましたが。」

B「たぶん”恋する”と”恋うる”ってのは似て非なるものなんじゃないかな。今回面白いと思ったのは、恋愛が主人公の海と俊のあいだで完結しないことかな。映画が描く恋愛ってだいたい”君”と”ぼく”の二人称が多いでしょ?ところが『コクリコ坂から』ではそうじゃない。芽生え始めた恋愛感情に、出生の秘密が絡んで二人を複雑な気持ちにさせるんだけど、そこからもう一つ二つ展開がある。やっぱりここが見所かな。人をキュンキュンさせたり感動させたりしたいがために、喚いたり泣き叫んだりしてそういった気持ちを伝えようとする作品がたまにあるけど、まぁそういうのも嫌いじゃないんだけどさ、”恋うる気持ち”ってのはこれぐらい抑制されていていい。微妙な機微を捉えられるならなお楽しめると思う。」

A「そうですか。ある程度の評価は得られそうですね。」

B「まぁ”直近のジブリ作品と比べれば”という但し書きはつくけど。ジブリの青春譚では自分は『海がきこえる』がいちばん好きだけど、やっぱり冒険活劇こそジブリの真髄だと思うよ、うん。次回作あたりでやってくれないかなァ。丸々2年かけて120分の大作をさ。」

A「他になにかあれば言ってください。」

B「海の声をやった長澤まさみはザル。特に冒頭は抑揚がなさすぎて酷かった。そろそろジブリもプロの俳優を使ってほしいよね。」

A「ありがとうございました。」


採点
★★★☆☆
スポンサーサイト
劇場鑑賞映画短評。最近のツイートを一部修正・加筆して引用。


『さや侍』★★

この映画のための雇われ俳優である野見さんだからこそ、これほど主体性の感じられない主人公でも受け入れられやすいのだけれども、失意の侍にペーソスを漂わせれば観客の涙を誘えるのだろうか。安直な情感操作はいらない。間口を広げた結果とはいえ、観客はそれほど単純ではない。


『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』★★★★★
『キック・アス』の監督だから期待して見たが、とりわけ脚本面においてはシリーズ最高傑作。ナチ狩りから始まったチャールズとエリックの邂逅、能力者のリクルーティングに強化訓練、圧倒的な絶望感に酔うCIA襲撃、そしてキューバ危機に絡めた演出など見所たくさん。チャールズとエリックの友情を理想が別つまでのぎりぎりのせめぎ合いに胸熱。


『ジュリエットからの手紙』★★★★
ファンタスティック!陰鬱や辛気臭さから遠く距離を置いて、たまにはこんな、天井知らずのハッピーエンドに酔いしれるのもイイ。ありえないけど、あるんじゃないか、って思いたくなる。イタリア地方の風景、そしてアマンダの豊かな胸も目の保養に(笑)。


『ミスター・ノーバディ』★★★★★
アウトフレームはあの『バタフライ・エフェクト』を想起させるが、着地点がすばらしい。構造は複雑でも投げかけるメッセージが直球で素直に感動。こういうのに弱い






 宝島社の「このマンガがすごい」のオンナ編部門1位、「講談社漫画賞」の第2回マンガ大賞など多くの賞を受賞した『ちはやふる』がついにテレビアニメ化決定!!(2011年10月から放送予定)。今回のアニメ化を受けて原作に興味を持った人のために、以前書いたコミックス1~2巻のレビューを再録します。


ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る





 『ちはやふる』は、”競技かるた”に青春をかける高校生男女たちの成長を描いた文科系スポ根マンガだ。”競技かるた”という、一般にはあまり知られていないニッチな世界を描いて読者の関心を惹き付けるには通常より多くの労力を要するものだと思うが、作者の”かるた”への情熱があればこそ成せる業なのか、作者はマンガの持つ表現力を最大限に活かして”競技かるた”の世界へと読者を誘ってくれる。

 確かな画力と巧みなコマ割については言うまでも無く、ドラマを展開させるための基本に忠実なストーリーテリングが面白さに拍車をかける。そのまま主人公の女の子・千早(ちはや)の性質を表しているかのような、アクセルがゆるむことなく展開するスピード感あふれる物語はしかし抜群に安定感があり、ページをめくる手が止まらない!人物を捉えるアングルも秀逸であり、たとえば第一話で新(あらた)の研ぎ澄まされた集中力を表すため、畳の上に並んだかるたを透かして見ているかのようなシーンなどは白眉だと思う。また、オープニングの「お願いだれも 息をしないで」という張り詰めた緊張感のなかから次のコマで見開きの2ページを使って大胆に力強くアクションを起こさせるその構図も素晴らしく、”競技かるた”が備える二面性、”静と動”を端的に表現されている。作者のマンガ表現力の高さが窺える。

 これまで特に熱中するものが無く他人の夢を願うばかりかった小学生の女の子・千早が、かるたの全国大会に毎年優勝するほどかるた競技の才に富む新を通して「かるた」の面白さに気がつくところから千早の人生の時計の針が動き始めるのだが、学校のかるた大会で人生初めての賞状をもらって誇れるものができたにもかかわらず、尊敬していた姉からはダサいと言われ、親にも認めてもらえず、ひとり涙を流す。

 しかし”一生ものの宝”、つまり仲間ができた千早は、家庭内での孤立感など大した問題では無かった。勉強もスポーツもできる幼馴染の男の子・太一を巻き込んで3人はチームを組み、絆を深めるものの、それぞれの家庭の事情によって小学校卒業と同時に早くも3人は離別してしまう。だが「3人でまたかるたをやる」という思いだけは引き離せなかった。1巻のオープニングで袴を着てかるたをやる高校生の千早が登場するが、すぐさま「まだ情熱を知らない」小学校時代へと場面を差し替え、千早が競技かるたに抱く情熱の”原風景”を丸々一巻と半分を使って掘り下げて描いたところで2巻で高校時代へと突入するこのあたり、計算されているなぁと思う。

 そして小学校時代に仲間と誓い合った、”3人でまたかるたをやる”という思いが物語の大きな推進力となる。圧倒的な強さを誇る新を千早が最も尊敬する対象、さながら”かるたの神様”のように配置しているからこそ理想と現実のギャップに苦しむという一連の構図・展開はさして珍しくは無いが、やはりぐいぐい読ませる。それは無駄にシーンを引き延ばすことはしない、展開の早さと潔さが一役買っているといえるだろう。そして2巻の終わりでは、これまで単にスポーツとして描かれてきた”かるた”の文化的な側面が呉服屋のクラスメイトの登場によって語られるにようになる。それぞれの”かるた”の背景が物語を今後奥行きのあるものにしてくれるに違いない。単なるスポ根マンガではなく文科系スポ根と呼ばれるゆえんはここにあるような気がする。

 コマの周りに花が咲いているシーンがあると「うわぁ少女マンガだなー」と思うけれど、恋愛恋愛とかまびすしい少女マンガが多いなか、恋愛的要素がなるたけ抑えられている点もポイントが高い。しかしながらその一方で、高校生となった千早が”無駄美人”と呼ばれているところや無防備に太一に抱きつくところからも分かるように、まだ自らが女であることを自覚していないような、千早に子どもっぽさを残しておきながらもやはり恋の萌芽を予感させずにはいられず、「で、太一と新のどっちとくっつくのだろう?」と読者に下世話な期待を喚起させる点も面白いなと思う。ただ恋愛要素はノイズになりやすいので、表立って描かれることは無いだろう。少なくとも美女×イケメン=恋愛という通り一遍な方程式はこのマンガには通用しない。これもひとえに作者の”かるた”への愛だろうか?

 画力、コマ割、物語構成力などいずれの要素も一定以上の水準であり、努力に友情、成功と挫折と、そしてまだ感情の水面下にある恋愛と、ドラマに必要なものが詰まった『ちはやふる』は、もちろん女子だけに読ませておくのは勿体無い力作です。掛け値なしに面白い!


フランス映画どこへ行く―ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れてフランス映画どこへ行く―ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて
(2011/04/20)
林 瑞絵

商品詳細を見る



 毎年6月頃に開催されるフランス映画祭に参加するたび、どうも、いまひとつだな…と、満足したとは言いがたい思いを抱えて劇場をあとにすることが少なからずあったが、現代フランス映画の事情を詳述した『フランス映画どこへ行く――ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて』を読んでみると、やはり「最近のフランス映画はダメ」というのはシネフィルたち衆目の一致するところなのかもしれない。2001年以降の映画の年間製作本数は約218本。数が多ければ駄作が生まれる可能性も当然高くなるが、質の高いフランス映画が産出されにくくなった理由、フランスの映画業界を蝕む原因を、著者は「テレビと映画会社の蜜月」「シネコンの数の倫理」「真のプロデューサーの不在」「作家主義の蔓延」など、さまざま側面から探り、問題点を浮き彫りにさせる。

 フランス在住12年超という著者の文章は説得力に富み、分かりやすく、またインタビューも充実していてとても読み応えのある内容になっている。読んでみるといまの日本の映画業界に巣くう病原体と出自が重なる点もあるように思え、国からの文化保護が手厚いフランスでさえこのような状況なのだから、日本はもっと悲惨なのでは……と、ときどき気分が沈んでしまうこともあったけれど(日本の映画業界の病巣に深く切り込んだ書籍があれば読んでみたいが)、たとえば『SR サイタマノラッパー』の入江悠監督や、『歓待』の深田晃司監督、『ふゆの獣』の内田伸輝監督など、作家性と娯楽性を共存させられる端倪すべからざる才能が近年生まれているので、インディーズ映画に限ればそれほど悲観はしていない。かも。

 閑話休題。著者は、確かにフランスの映画の質は落ちたけど、と前置きしつつ、カンヌ映画祭で話題になり賞も獲った『パリ20区、僕たちのクラス』『神々と男たち』『Un prophet(預言者)』などの活躍(特に『神々と男たち』は300万人もの動員を記録)から、「テレビ局からの影響を免れた質の高い作品が生まれやすくなった」と、フランス映画好転の兆しを感じている。

 その予感は間違いないものだろう。実際、カンヌ映画祭でパルムドールやグランプリを獲得したからといってその作品が優れているとは必ずしも限らないが、『神々と男たち』『パリ20区、僕たちのクラス』は日本公開されてしかるべき佳作だった(『Un prophet』は権利を買った配給会社が倒産して宙ぶらりんの状態)。ただ、あくまでこれは個人的な要望ではあるけれど、著者は名誉ある賞を獲得した映画を取り上げるばかりでなく、「この映画が日本で紹介されていないのはおかしい」といったような、フランスに住んで12年も経つ著者だからこそ、この本を読んでいる日本のシネフィルたちに紹介できる、優れた現代フランス映画も少なからずあったはず(とはいえ、日本におけるフランス映画の配給状況にまで言及を求めるのは、いささか酷か)。

 つい最近になってジャック・ロジエが日本で紹介されたことからも分かるように、日本におけるフランス映画の配給状況は芳しいとはいえず、たとえばデプレシャン監督をして「現代フランス映画で最重要の映画監督」と言わしめたアブデラティフ・ケシシュ監督(『クスクス粒の秘密』)の知名度は日本では皆無に等しい。フランス映画の成績について言えば、本書の内容をそのまま引用すると、「日本で公開された2007年のフランス映画41本の興行収入合計は、全体の興行収入の1.9%に過ぎない」(仏ルモンド紙)らしい。

 これほどフランス映画がふるわけなければ配給会社が慎重にならざるを得ないのも当然だけれど、2010年は『オーケストラ!』が大ヒットを収めたので、昨年度のフランス映画の興行収入の割合は上記の”1.9%”よりはさすがに上だと思うし、『神々と男たち』や『パリ20区、ぼくたちのクラス』の高い評価がフランス映画の買い付けを後押しするようになって欲しいと、いちフランス映画ファンとして切に思う。自分が知らなかった現実を思い知らされて暗澹たる思いを抱えた一方で、これからまだまだ面白いフランス映画を見られるはず――そういう予感を感じさせてくれる本だった。


 余談だが、80年代以降有名な監督の名前を聞かなくなったイタリア映画は、フランス映画よりもっと厳しい状況にあるのかも。




 知っている人は知っている、知らない人は全然知らないと思われるアニメーション監督の新海誠は、細井守(『時をかける少女』『サマーウォーズ』)、原恵一(『カラフル』『河童のクゥと夏休み』)と並んでこれからの日本のアニメーション映画を支えていく最重要人物だろうと個人的には思っており、今回の新作『星を追う子ども』にも当然の如く大きな期待を持って見た。見たのだが、新海誠監督のファンは、自分を含め、この映画の取り扱いにいささか複雑な思いを抱くのではないだろうか。

 『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』で少年少女の淡い恋愛を描き、自分のなかに存在している青春時代の残滓を掬い取って見る者の胸を打ってきた監督だが、『星を追う子ども』ではそれまでの作風とは異なって、死者の再生を求めてアガルタという地下世界へ潜っていくジュブナイル・アニメーションに仕上がっている。演出方法は違えど、”喪失からの再生”というテーマはこれまでの作品と一貫しておりその点は安心したのだが、やはり「スタジオジブリだよなぁ…」という感想はこの映画を語るうえにおいて避けて通れない問題だ。

 『星を追う子ども』というタイトルでありながらどんどんと地下へ潜っていく点はタイトルを含め示唆に富んでいて面白い。少年と少女の邂逅と別離までのその過程が大幅に省略されている点も興味深く(これはジブリにはない着想だ)、主人公の少女アスナにさしたる動機がないのも今風で(ヤマカンのTVアニメーション『フラクタル』もそうだったか)、背景や空などの色彩設計は当代随一のクオリティなのだが、時間が進行するほど既視感が増して物語に入り込めなくなるという皮肉はどうすればいいのだろう。

 いつかみたはずの”ジブリ”を思い出し、わくわくし、全体的には面白く見られた、けれども、心から楽しむことを、なにかが阻んでいる。なにかというのは、言うまでも無く数々のジブリ的なアイコンである。”ジブリ”と思われるのは監督は百も承知のはずだが、観客が突っ込むヒマを与えないのが良い映画の条件であると思っている自分にとって、それらはあまり歓迎できない映画設計だと言わざるを得ない。「一般人でも面白く見られる王道の作品を」というのが本作のコンセプトであろう。しかし、王道は簡単なようで難しいと改めて実感した。壮大な物語を破綻することなく2時間の映画にまとめた手腕は評価すべきだが、残念ながらこの映画にチャレンジやらオリジナリティを感じることはできなかった。次はオリジナルではなく原作付きのアニメーション映画を見てみたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。